• 南整体院


  • ボタン群
  • 南整体院について
  • こんな症状の方に
  • 院長からのメッセージ
  • いつでもできるリハビリ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ボタン群
院長からのメッセージ

ごあいさつ

南 陽一

院長の南 陽一です。
私自身の開腹手術・寝たきりでの治療生活という体験から、患者さんの痛み、不安な気持ちはとてもよく分かります。1人でも多くの方に患者さんに喜んでもらいたくて、“今よりもっと元気になりたい”と思ってもらいたくて、年中無休で、患者さん第一主義をモットーに施術を行っております。

患者さんの喜ぶ顔が見たくて、この仕事にのめり込んでしまった…。と言っても過言ではありません。当然そのような患者さんとは、一生のお付き合いになりますし、例えようもないほどの深い絆で結ばれたような充実感があります。

南整体院では、患者さんの辛い症状、不安な気持ちを和らげるために、精一杯の施術をさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。お年寄りの腰の曲がりや膝の痛みの治療も行っております。
また、痛いところを治療するだけではなく、食生活や日常の注意点、症状緩和・回復のための運動方法などの療法指導まで、責任を持って行わせていただきます。

整体の必要性

骨が変位するとき

骨が変位すると

骨は硬いので力が加わっても曲がりません。曲がる程の外力が加わった場合には骨折することになります。
しかし、折れる程大きな力ではなくても、毎日同じ部分に力や負担がかかると、骨の位置がずれて来るのです。これを変位と言います。
特に体力が落ちているときや、疲労しているときなどには、骨が変位したり歪んだりしやすくなります。





骨が変位すると‥

骨が変位すると

例えば、背骨がカーブ(側湾症)したり肋骨が変位することで、内臓を圧迫(もしくは引っ張ったり)すると、その影響を受けた臓器が不調になります。
背骨や肋骨の変位や歪みが心臓に影響する場合には、心臓に大きな負担がかかり、息苦しくなったり血圧が高くなったりと、様々な心臓や循環器に問題が出ます。
また、胃腸が圧迫されると胃がもたれたり、または逆に引っ張られたりするとよく消化しないうちに食べたものが腸へ運ばれてしまったり、という現象が起こります。
腸が圧迫されたりすると下痢や便秘になります。腸は食べ物を吸収する器官ですから、下痢になれば、水分や栄養分を十分吸収出来なくなります。便秘になれば、腸内に食べ物が必要以上長い間滞ることになり、体に不必要な脂肪などをどんどん吸収してしまい、肥満の最大の原因となります。
背骨の歪みはこのような臓器に対する影響だけでなく、肩こりや首の辛さ、頭痛、眼精疲労なども誘発します。
その他骨盤が変位すると、骨盤内にある子宮や膀胱が不調になり、生理痛がひどくなったり、膀胱炎などになりやすくなるなどの症状が出ます。
ここで挙げたのは、日常生活を送っている中で起こりやすい症状のほんの一部です。
“この不調はどうして起きたんだろう?”、“どうしたら症状が緩和するのだろう?”と、気がかりになることがありましたら、お気軽に当院の扉を開いてください。
正しい整体治療を受けて、変位したり歪んだ骨格を正しい位置に戻すと、それまでとは比べ物にならないくらいの快適さを手に入れることが出来るでしょう。
この素晴らしさを是非あなたにもご経験していただきたい、と強く願っております。




PAGE TOP