• 南整体院


  • ボタン群
  • 南整体院について
  • こんな症状の方に
  • 院長からのメッセージ
  • いつでもできるリハビリ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ボタン群
院長からのメッセージ

以前販売していた本の紹介

寝たきり病人を歩かせる

どうしたら病人本人がヤル気を起こすのか?どうしたら楽しく、明るくリハビリを続けられるか?という、従来の介護リハビリの出版物では取り上げられなかった、しかし本来は一番肝心な疑問点に焦点をあてた1冊です。著者はその解決策を、地球の裏側の福祉先進国に求めました。寝たきり病人が日本の7分の1であるヨーロッパの考え方から、希望を持てる介護と、人生の楽しさへと続く“続けられる”リハビリを紹介しています。

また、寝たきりの病人や老人を大勢歩けるようにした著者が、その実績と経験を著したものでもあります。最も重要なのは、退院後の患者1人ひとりに合わせた適切な療法指導です。これがその後の幸不幸の岐路となると言っても過言ではありません。本書「寝たきり病人を歩かせる」では、この一番大事な家庭での療法指導を分かりやすく著わしています。

余生

それは、家族や社会のために仕事をこなし、家事をこなし、子供を育て‥充実の中にも絶えない苦労があった生活の後に、やっと手に入れる“楽しさ”だけの人生です。時間に追われることからも、大きな責任からも全て開放された第2の人生。

そんな幸せな人生を、たった1度の困難で簡単に諦めてしまっては、苦労して育てた果実を収穫せずに捨ててしまうようなものです。本書のとおり、カリキュラムを実行して頂ければ必ず歩けるようになると考えています。

リハビリはつらいだけのものではありません。全く異なる民族の発想から生まれた魔法のようなリハビリ方法が存在します。目からウロコが落ちるような奇跡的なリハビリがあったのです。
今の困難を共に乗り越え、その向こうにある素晴らしい人生を楽しみましょう。




PAGE TOP